男の人

水漏れ修理のことなら専門業者に依頼をしよう

支えになる

女性作業員

手すり取り付け費用の目安

高齢者や体の不自由な人にとって、手すりの取り付けは、できるだけ優先させたいリフォームです。とりわけ階段の上り下りは、手すりがあるとないとでは大違いです。また浴室やトイレで転倒すると、大事故になりかねません。手すりは事故防止に大切な役割を果たします。手すりの取り付けは、きちんとした工具と経験があれば、素人にも可能です。その際には材料費しかかかりませんから、経済的な負担は軽くなります。ただし万一手すりが外れたりしたら大問題です。自信のない方は、リフォーム業者に頼むのが無難でしょう。取り付け費用は材料費プラス手間賃で、数万円程度になるのが普通です。手すりの種類や壁の材質によって、この金額は増減することがあります。

バリアフリー工事への補助金制度

日本では人口の高齢化に伴って、住宅のバリアフリー化が急がれるようになってきました。手すり取り付けをはじめとする改修工事の件数も伸びてきたため、国は高齢者住宅改修費用助成制度を制定しました。この制度では、バリアフリー工事にかかる費用の9割が、介護保険から支給されます。支給の上限は生涯で20万円ですが、一度に使い切る必要はなく、必要に応じて何回かに分けても構いません。また支給を受けるには要介護または要支援の認定を受けていなければなりません。ただし自治体によっては、要介護・要支援認定を受けていない人にも、別枠で補助金を支給しています。ほかにも細かい条件はありますが、詳しいことは市町村の介護保険課に問い合わせてみると良いでしょう。